はじめての親鸞を読みました。

はじめての親鸞を読みました。

この本は著者の講演の内容を文字で起こしたものです。

そのため内容にまとまりがありません。

もちろん内容は面白くないことはないですが、やっぱり話す言葉と書く言葉って違うんですよね。

私は書くための文章で綴られた本を読みたいです。

コメントは受け付けていません。