過去にプレイしたSwitchのゲームの感想です

日記

過去にプレイしたSwitchのゲームの感想です。

あつまれ どうぶつの森

今作で一番感動したのはグラフィックの綺麗さ。

かわいさはそのままで家具やアイテムがめちゃくちゃリアルになっていました。

逆に今作で気になったのは操作性の悪さ。

Switchのボタンの多さも関係あるんでしょうが結構操作するボタンを忘れちゃうんですよね。

もう少しUIを分かりやすくして欲しかったです。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~

久しぶりの桃鉄。

やっぱり面白いですね。

特に友達と対戦すると面白さが倍増します。

ただ今回から新しく出た「デストロイ号」。

こいつがヤバすぎ。

凶悪過ぎて一気に桃鉄熱が冷めてしまいました。

多分一位の人に勝ち逃げさせないように実装されたんだろうと思いますが、私には全然あいませんでした。

次回作があるとしたら絶対にデストロイ号を登場させないでほしいです。

真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER

真・女神転生3はリマスターで初めてプレイしました。

最初は難易度ノーマルでプレイしていたんですが、難しすぎてすぐにマーシフルに変更しました。

いや、マーシフルモードはまじ助かりました。

私はRPGでバトルがしたいというよりストーリーを追いたいんですよね。

なのでこのモードは個人的に最適でした。

他のRPGにもこのマーシフルモードみたいなのをつけて欲しいくらいです。

私みたいに世界観にハマりたいけど難しいゲームは苦手っていう人に需要あると思うんですけどね。

ちなみにストーリー、世界観はともに最高でした。

真・女神転生V

真・女神転生シリーズ。

ストーリーは安定の面白さでした。

今作の特徴はなんと言ってもグラフィックが超美麗になったこと。

なんだかんだいっても美しいグラフィックはテンション上がりますね。

キャラデザインや悪魔デザインも良かったし、グラフィック的には文句の付け所がなかったです。

1つ気になったところはマップが見づらいこと。

私は大体ピンが刺さってるところに最短ルートで進むのですが、行き止まりになってることが多いんですよね。

それがマップで分かるようになっていればもっと遊びやすかったんですけどね。

でもマップの3D表現ってどうするのが正解なんだろう?

なかなか難しい問題ですね。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

まずはグラフィック。

めちゃくちゃ好きです、この感じ。

こういうアニメチックな3Dって良いですよね。

どうやって作ってんだろう。

まだ想像だにできないです。

いつかはこういうグラフィックのゲームを作れるようになりたいですね。

あと自由度。

なんかやろうと思って試してみると大抵のことはできるんですよね。

これはすごい。

ゲームを作る側から考えるとなんでもできるってバランス調整が大変そうなんですけどどうやってるんだろう。

本当に尊敬しかないです。

ただ残念なのは私がアクションゲームが苦手だということ。

そのおかげでこのゲームを100%楽しめなかったです。

だって行動するごとにどのボタンだっけって確認しながらあそんでるんですもん。

そりゃ楽しめないですよね。

そして覚える努力も嫌がるという致命的弱点。

おとなしくRPGやシミュレーションで遊んでます。

ファイアーエムブレム 風花雪月

Switch初のファイアーエムブレムシリーズ。

キャラクターデザインがめちゃくちゃ好みでした。

今作はいつものシミュレーションバトルだけではなく、キャラクターと交流できる学園パートがありました。

ただ学園パートは正直面倒くさかったです。

登場キャラクターがめちゃくちゃ多いのに毎回その全員と話さなくてはいけないのです。

いや強制ってわけじゃないんですが、話さないでストーリーを進めていくのってなんかモヤッとしません?

キャラクターとの友好度に関係あるかもしれないし、どうせやるなら深くまで遊び尽くしたいですからね。

ペルソナぐらいの人数までだったらまだ楽しめたんですけど、このゲームのキャラクターは多すぎました。

こういうバランスってなかなか難しいですね。

ファイアーエムブレム無双

このファイアーエムブレム無双は無双ゲームの中で久しぶりに面白かったです。

やっぱり無双ゲームで重要なのって爽快感だと思うんですよね。

難しいことを考えずにただボタンを連打していれば敵がバッサバッサと倒れてくれる、私みたいなヌルゲーマーはもうこれだけでいいんです。

そしてこのファイアーエムブレム無双のイージーモードはこれを叶えてくれます。

久しぶりにクリアまで遊んだゲームでした。

Xenoblade Definitive Edition

ゼノブレイドの世界観とストーリーはすごく良かったです。

特に世界観。

巨神と機神という巨大な神の上で人間が暮らしているなんていう設定はもうそれだけでワクワクしますよね。

ストーリーも壮大でのめり込むようにプレイしました。

ただ戦闘システムが最後まで理解できなかったです。

とりあえず戦闘が始まったら敵に近づいて攻撃、ゲージが溜まったらスキルを使うの繰り返し。

これって正しい戦闘方法だったんですかね。

私には難しすぎました。

スーパーマリオ オデッセイ

アクションゲームは苦手なんですが、マリオだけはクリアまでプレイしちゃうんですよね。

なんでなんだろう?

操作が単純に気持ち良いっていうのもあるんですけど、なんか少し努力すればクリアできそうって思っちゃうんですよね。

多分マリオのレベルデザインが私にとってちょうど良いんだと思います。

進め!キノピオ隊長

キノピオが主役のパズルゲーム。

グラフィックはめちゃくちゃかわいいです。

でも肝心のパズルは序盤こそ面白かったんですが、結構早く飽きてしまいました。

あとキノピオ隊長は走れないので爽快感が全然ありませんでした。

ゼルダの伝説 夢見る島

ゼルダの伝説夢見る島はゲームボーイ版のリメイクです。

このゲームはなんといってもグラフィック。

このクレイアニメのような世界は私のどストライクでした。

これです。

これなんです。

私のゲームで創りたい世界は。

キャラクターも風景もすべてがかわいすぎる。

ただいかんせんゼルダの伝説は私にとっては難しすぎました。

初期のボスを倒すことさえままならなかったです。

個人的な要望としてはこのグラフィックでRPGを作って欲しいところです。

ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・イーブイ

個人的にポケモンってこのLet’s Goタイプの方が好きかも知れないです。

野生のポケモンとの戦闘って結構面倒臭いですからね。

このゲームみたいにコントローラーを振るだけの方が楽で良かったです。

それにレベル上げも簡単でしたからね。

あとなんと言ってもカントーのポケモンはかわいいですよね。

ポケットモンスター ソード・シールド

グラフィックがめちゃくちゃ良かったです。

もうこのグラフィックでポケモンが遊べるってだけで個人的には大満足です。

あとフィールドをポケモンが徘徊しているっていうのも世界観に浸れて最高でした。

残念だったのは新しいポケモンがかわいくなかったこと。

ポケモンはやっぱりもっとかわいいデザインにしてほしいです。

ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ストーリーは面白かったです。

ただグラフィックと操作性があんまり良くなかったです。

特に操作性。キャラがよく引っかかってスムーズに動かしづらかったです。

ポケモンシャイニングパールをようやくクリア。

シロナさんのガブリアス強すぎ。

ポケモン レジェンズ アルセウス

ポケモンシリーズ初のアクションRPG。

グラフィックがめちゃくちゃキレイでした。

全体的にブレスオブザワイルドみたいなグラフィックなんですが、その中でポケモンたちが自由に動き回っているのが本当にかわいかったです。

そしてそのポケモンに向かってボールを投げて捕まえる、これがすごく面白かったです。

そうそう、こういうポケモンがやりたかったんだって感じでしたね。

正直野生のポケモンとのバトルって面倒臭かったですからね。

個人的に残念だった点はモンスターボールをクラフトしなければいけなかった点。

いちいちクラフトするのが面倒くさかったので、何個でも使い放題にして欲しかったです。

結構操作を間違えて無駄撃ちしちゃってましたからね。

個数を気にせずに投げまくって遊びたかったです。

PUI PUI モルカー Let’s! モルカーパーティー!

グラフィックのクオリティが満足いく出来じゃありませんでした。

モルカーをもっとかわいく表現できたはず。

本当にそれだけで良かったんですけどね、このゲームは。

ROBOTICS;NOTES ELITE

面白そうだったんですが、あまりハマらず途中リタイアしました。

とにかく話が長すぎる。

そして登場人物があんまり好きじゃなかったんですよね。

特に主人公のかいと。

ラノベの主人公をそのまんま具現化したような性格が苦手でした。

戦国無双5

無双シリーズの戦国武将版です。良い意味で普通の無双シリーズでした。

ボタンを適当に押していれば敵がバッサバッサと倒れていくこの爽快感こそ無双シリーズの醍醐味ですからね。

ただこの戦国無双5は盾兵と槍兵がすごくウザかったです。

こいつらのおかげで爽快感が半減。

雑魚兵に跳ね返されても全然面白くもないのになんでこんな仕様にしたんですかね。

必要なかったと思います。

ドラゴンボールZ KAKAROT + 新たなる覚醒セット

一番最初のエピソードの悟飯と料理を作るところまでプレイしてリタイアしました。

グラフィックはもうドラゴンボールの世界そのままって感じで感動しました。

その世界観でキャラクターを動かせるっていうんだからファンにとってはたまらないですよね。

でも最近のゲームによくある文字だけの操作説明ラッシュ、これでやる気がなくなりました。

もう操作が覚えられなくて何をすれば良いのか分からなくなってしまい、そして途中で嫌になって投げ出してしまいます。

これはもう私の悪い癖です。

他のプレイヤーはどうやって操作を覚えているんでしょうかね。

多分操作を覚えると面白いんでしょうけどね。

最近そこまでプレイする根気がないんですよね。

信長の野望・大志 with パワーアップキット

久しぶりに信長の野望をプレイしました。

でも正直Switchではやらない方が良いですね。

操作性が悪すぎました。

これはPCでやるように作られたゲームなんでしょうね。

というわけで、今度から信長の野望はPC版を買うようにします。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S

久しぶりにドラゴンクエストをプレイしました。

いやー、ドラクエって本当に変わらないですね。

この変わらなさは実家に帰ったときのようで本当に安心します。

ドラクエとかポケモンってもう初めからシステムとして完成されているんでしょうね。

だからグラフィックとかのマイナーチェンジだけで大枠のシステムを変える必要がない。

というかもう個人的には大枠のシステムを変更しないでほしいですもん。

同じシステム上で違うストーリーやグラフィックを遊ぶ、もうこれだけを延々と繰り返しても楽しめる気がします。

ちなみにドラクエ11のキャラの中ではベロニカが一番好きでした。

シルビアも捨てがたいんですけどね。

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ

マインクラフトのドラクエ版です。

グラフィックはマインクラフトよりかわいくて私好みでした。

こういう町を自由に作ることができるゲームって時間を忘れて夢中で遊んじゃいます。

ただ敵が攻めてきて町が壊されるのが個人的にはマイナスポイントでした。

十三騎兵防衛圏

十三騎兵防衛圏をついにプレイしました。

前からずっとプレイしたいなと思っていた念願のゲームです。

で、プレイした感想なんですが。

アドベンチャーパートのビジュアルが超絶格好良いです。

もう雰囲気ありすぎ。

本当にこういうゲームを作りたい。

キャラデザも最高だし、光の加減とかもオシャレなんですよね。

ただ難点が一つ。

ストーリーが難しすぎ。

プレイしている間、頭の中はずっと「???」でした。

訳が分からなすぎて2時間遊んでも全然夢中にならなかったですもん。

この状態でプレイしていくのは相当な根気が必要ですよ。

もっと早めに世界観がつかめれば遊び続けたかもしれません。

そう思うとゲームのつかみって意外と重要なのかもしれないですね。

タイトルとURLをコピーしました