古典

いまさら入門 親鸞 感想

「いまさら入門 親鸞」を読みました。 最近ずっと親鸞関連の本を読んでいたのですが、そろそろお腹いっぱいになってきました。 次は法然関連の本を読んでみようと思います。

親鸞の水脈 感想

「親鸞の水脈」を読みました。 タイトルに親鸞と書かれていますが、親鸞についてはほとんど書かれていませんでした。

親鸞聖人について 感想

「親鸞聖人について」を読みました。 青空文庫だったので無料で読むことができました。 ありがたいですね。

はじめての親鸞 感想

「はじめての親鸞」を読みました。 この本は講演を文字起こししたもののため、内容にまとまりがなくて微妙でした。 今度はこの著書が書いた小説の親鸞を読んでみようと思います。

歎異抄 (光文社古典新訳文庫) 感想

光文社古典新訳文庫の「歎異抄」を読みました。 歎異抄は西本願寺で名前を見て以来気になってた本なんですよね。 さすがに原文は難しそうだったので、翻訳されたこの本をチョイスしました。

新版 遠野物語 付・遠野物語拾遺 柳田国男コレクション

岩手県遠野市に伝わる伝承や民話などをまとめた本です。 いろんなお話が読めて面白かったです。

マンガ 面白いほどよくわかる!古事記

最初は「新編日本古典文学全集 (1) 古事記」を読もうとしていたのですが、難しすぎて断念。 代わりにこの本を手に取りました。

新版 竹取物語 現代語訳付き

日本の古典、竹取物語。 絵本の内容ぐらいしか知らなかったので、この機会に原作を読んでみました。
タイトルとURLをコピーしました