宗教

いまさら入門 親鸞 感想

「いまさら入門 親鸞」を読みました。 最近ずっと親鸞関連の本を読んでいたのですが、そろそろお腹いっぱいになってきました。 次は法然関連の本を読んでみようと思います。

親鸞の水脈 感想

「親鸞の水脈」を読みました。 タイトルに親鸞と書かれていますが、親鸞についてはほとんど書かれていませんでした。

親鸞聖人について 感想

「親鸞聖人について」を読みました。 青空文庫だったので無料で読むことができました。 ありがたいですね。

はじめての親鸞 感想

「はじめての親鸞」を読みました。 この本は講演を文字起こししたもののため、内容にまとまりがなくて微妙でした。 今度はこの著書が書いた小説の親鸞を読んでみようと思います。

歎異抄 (光文社古典新訳文庫) 感想

光文社古典新訳文庫の「歎異抄」を読みました。 歎異抄は西本願寺で名前を見て以来気になってた本なんですよね。 さすがに原文は難しそうだったので、翻訳されたこの本をチョイスしました。

カルト宗教信じてました。 感想

「カルト宗教信じてました。」を読みました。 親にカルト宗教に入れられていた子供のお話です。 この子が無駄にしてきた時間を思うと涙が出ます。

決定版 日本の仏像200 一冊ですべてがわかる!

「決定版 日本の仏像200 一冊ですべてがわかる!」を読みました。 最近京都・奈良にハマっていて、よく旅行で行っています。 そうなってくると自然と仏像にも興味が湧いてくるわけです。 そこで手にとった本が「決定版 日本の仏像200 一冊ですべてがわかる!」です。
タイトルとURLをコピーしました