F

F

作者:六田登
巻数:全28巻(完結済み)

破天荒なレーサー・赤木軍馬の一生を描いたお話。
レース漫画というよりサスペンス漫画でした。

ストーリー後半は尻すぼみになった感じがしましたが、中盤はすごく面白かったです。正統なレース漫画って感じで色々なライバルと競い合ってレースしていくシーンは熱くなれました。でも赤木軍馬がイギリスに行ってピーボーやサコと絡むようになってから一気にレース色が薄まりつまらなくなりました。もうレース漫画というよりサスペンス漫画って感じでした。

しかもこの漫画は女性が結構ひどい目に合うんですよね。元恋人のユキは殺されるし、サコは廃人になるし、純子はピーボーに暴漢されるし、もう幸せに暮らしている女性はいないんじゃないかってくらい不幸な女性ばかり登場します。これも読んでてきつかった原因の一つです。

漫画はもう少し優しい世界を読みたいです。