鬼滅の刃

鬼滅の刃

作者:吾峠呼世晴
巻数:全23巻(完結済み)

鬼と化した妹の禰豆子を人間に戻すために鬼と戦う竈門炭治郎の物語。
少し外れているかもしれませんが、それでもやっぱり王道のジャンプ漫画でした。

「柱」とか「十二鬼月」って名前だけでかっこいいですよね。七武海とか護廷十三隊とかそういうかっこいい名前こそがジャンプ漫画って感じです。そして柱のキャラクターがこれまた良いんです。デザインはもちろんのこと、それぞれの性格とかバックグランドストーリーとかが細かく用意されていてすごくキャラが立っていました。

あとジャンプ漫画っぽいといえばなんといっても必殺技です。かめはめ波とか螺旋丸とかアバンストラッシュとか真似したくなる必殺技があると人気になりやすいですよね。その点鬼滅の刃の必殺技も真似したくなります。「水の呼吸 壱ノ型 水面斬り」や「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃」とかもう叫ぶだけでかっこいいです。私が小学生だったら絶対真似してたと思います。

こんな感じで「鬼滅の刃」が人気になった理由はすっごく納得できました。ただ残念だったのは、私にとってはここでハマったっていうポイントがなかったことです。本当に好きな漫画ってそういうポイントがあるんですよね。「スラムダンク」でいうと宮城リョータと三井寿が加入した後の大会からものすごく夢中になったし、「ブリーチ」だとソウルソサエティ編が最高に面白かったです。「鬼滅の刃」にはそれがなかったです。あえて挙げるなら柱合会議のところですかね。

という感じで、「鬼滅の刃」は私にとって深くはハマらなかったけど安定して面白かった作品です。