金色のガッシュ!!

金色のガッシュ!!

作者:雷句誠
巻数:全33巻(完結済み)

落ちこぼれの魔物・ガッシュベルと天才中学生・高嶺清麿が魔界の王を決める戦いに参加するお話。
少年漫画の王道であるとにかく熱いバトル漫画です。

「金色のガッシュ!!」を読んで記憶に残っているのは魅力あるキャラクターたちです。
この漫画は魔物と人間がタッグを組んで戦うのですが、この魔物と人間の関係にいろんな形があってそれぞれに思い入れが強くなっていくんですよね。私が特に好きだったコンビはキャンチョメ・フォルゴレなのですが、他にもティオ・恵、、ウォンレイ・リィエン、ブラゴ・シェリーも良かったですね。他にもテッドやダニー、バリーなんかも格好良かったですね。本当に絞りきれないくらい記憶に残るキャラクターが次から次へと出てくるんですよね。この登場人物のバラエティの豊富さが「金色のガッシュ!!」の一番の魅力じゃないでしょうか。

あと熱いバトルも外せません。しかもバトルは熱いだけではなく、ギャグ要素も多めです。キャンチョメやウンコティンティンのバトルはくだらなすぎて大笑いしました。この熱血とギャグのバランスがちょうど良い感じでした。