シュート! 新たなる伝説

シュート! 新たなる伝説

作者:大島司
巻数:全16巻(完結済み)

「シュート!」の続編。
インターハイの決勝トーナメントと選手たちのその後が描かれています。

「新たなる伝説」から久里浜高校の伊東宏がもうひとりの主人公として登場します。多分田仲のライバルとして登場させたと思うのですが、私はどうしても彼が好きになれませんでした。

なんで好きになれないのか考えたのですが、やっぱり前のメンバーに思い入れが強すぎたんでしょうね。新しく出てきた選手に久保嘉晴や神谷篤より上とか言われることが嫌だったんだと思います。これが続編で主人公を変えるところの難しいところですよね。

例えばこれがダブル主人公ではなくライバルとして登場していれば違ったんだと思います。ライバルだったら主人公が倒してくれるだろうと思って読めるので、ここまでフラストレーションがたまらなかった気がします。でもそれだと今までと変わらなくてマンネリだって言われそうですね。続編を作るのは難しいですね。

文句ばかりになってしまいましたが、最後に今まで登場した選手たちのその後のキャリアを見ることができたのはワクワクしました。しかし掛西中トリオで白石のその後だけしょぼく感じてしまいますね。