シュート!

シュート!

作者:大島司
巻数:全33巻(完結済み)

トシが掛川高校サッカー部として全国制覇を目指すお話。
昔読んだ記憶があるのですが、結構忘れていたのでまた読みました。

やっぱりシュートというと、久保嘉晴です。彼の存在は話が進むにつれてどんどん偉大になっていって、後半ではもう神格化されていたといっても過言ではありません。後で登場するすごいプレイヤーは結構な数が彼の影響を受けていましたしね。

ちなみに私がシュートに夢中になりだしたのも久保嘉晴が倒れたあたりからでした。やっぱりあの伝説の11人抜き後に彼が倒れたところがこの漫画のターニングポイントだったと思います。想像ですが、ここから一気に人気になったんじゃないでしょうか。そういった意味で彼の存在は漫画の中だけではなく外にも影響を与えていました。すごいキャラクターですね。

この作品で私が好きなキャラクターは平松和広です。どうしてもトシの後ろに隠れて目立たなくなりがちですが、ダブルヒールショットとか格好良いですよね。眼鏡をかけているのに一番運動神経良いとか、漫画ではなかなか見ないパターンだったので新鮮でした。欲を言えばもう少し活躍してほしかったです。

正直試合に関しては後半同じようなパターンばかりでマンネリ化してきますが、これは高校スポーツ漫画の宿命でしょう。久しぶりに読んでも十分楽しめました。