陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!

陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!

作者:にわのまこと
巻数:全15巻(完結済み)

陣内流柔術の使い手・真島零が格闘技界に旋風を巻き起こす物語。
全巻読んでみたものの内容は全然記憶に残りませんでした。

ストーリーは真島零が空手や柔道などの使い手と異種格闘技戦をして勝つという感じで進んでいきます。一言で説明するならば「グラップラー刃牙」と同じです。でも刃牙はある程度ハマったのですが、こちらは全然ハマらなかったんですよね。その理由が全然分かりません。なんででしょうかね。

もしかしたら最初の空手が長すぎたのかもしれないです。あのときからすぐに他の格闘技が出ていれば飽きなかった可能性があります。でもハマらなかった理由はそれだけじゃない気もするんですよね。こういう違いが分かって言葉で説明できれば良いんですが、今の私では力不足でした。もっと勉強します。