マンガ 面白いほどよくわかる!古事記

マンガ 面白いほどよくわかる!古事記

著者:かみゆ歴史編集部
出版年:2017年

最初は「新編日本古典文学全集 (1) 古事記」を読もうとしていたのですが、難しすぎて断念。
代わりにこの本を手に取りました。

原作を読んだことがないのでこの本がどこまで正確に描かれているかは分かりません。でも古事記のあらすじを理解するのにちょうど良かったです。

いろんなエピソードが描かれていたのですが、コノハナノサクヤビメとイワナガヒメの話など「鬼灯の冷徹」で読んだ内容も多かったです。あと最初のイザナギとイザナミの話が強烈だったので記憶に残っています。島と神様を生むって発想がぶっ飛んでますよね。でも物語としては面白かったですが、現代の教育的にはあまりよろしくなさそうですね。特に女性についての描写は現在に生きていると差別的に感じてしまいます。それだけ今の社会がマシになったということですかね。

しかし千年前の物語を今も読むことができるというのは本当にすごいことだと思います。これからもどんどん書を後世に残して語り継いでいってほしいものです。