アオハロイド

アオハロイド

中学生の時に好きだった男の子と高校で再会して恋するお話です。
昔からある少女漫画の王道といった内容でした。

私の場合は主人公の双葉の性格が苦手であんまり入り込めなかったです。なんていうかすごい独りよがりで突っ走って周りに迷惑をかける性格なんですよね。近くにいたら絶対キツいタイプです。あととにかく洸に依存しすぎ。すべての判断を洸に委ねているように感じてしまうぐらいなんでもかんでも洸に頼っている印象でした。まあこれに関しては洸の方も双葉に頼っていたので、共依存なんでしょうね。

双葉と洸の恋愛ってイケメンと美人だから成り立つんじゃないですかね。これだったら小湊くんと村尾さんにスポットライトを当てた方がよっぽど良かったような気がします。

でもこの作品では青春の青臭さは身震いするほど感じることができました。こういう青春時代の真っ直ぐな気持ちって大人になってから見ると鳥肌が立ちますね。自分がなくしてしまったものだからでしょうか。いつかそういう気持ちと向き合えるときが来れば良いんですが。