おジャ魔女どれみ

おジャ魔女どれみ

「おジャ魔女どれみ」をアマゾンプライムで観ました。
この作品はプリキュアの前にやっていた番組だったんですね。

「おジャ魔女どれみ」は見始めた頃はすごく退屈で途中で止めようかと思っていたのですが、中盤からどんどん面白くなってきて最後の方は夢中で観てしまいました。正直なんでこんなに印象が変わったのか分かりません。最初の方はポップが生意気過ぎて本気でムカついてたし、どれみの「世界一不幸な美少女」という決め台詞も嫌いでした。でも観続けているあいだにいつの間にかポップはかわいい妹って感じがしてきて、どれみのセリフも嫌じゃなくなったんですよね。ただ慣れただけなのかも知れないですけどね。

「おジャ魔女どれみ」で私が好きだったのは、変身と魔法を唱えるシーン。これ、めちゃくちゃかわいくないですか。女の子に人気だった理由が分かりますね。真似したくなるほどの可愛さでした。

ちなみにこの作品で一番好きなキャラは、関先生。熱血漢で頼りになります。バイク乗ってるのがすごく格好良かったです。

次は「おジャ魔女どれみ♯」を観てみようと思います。